2019年05月16日

幸運が3度姿を現す様に、不運もまた3度兆候を示す。

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
「幸運が3度姿を現す様に、不運もまた3度兆候を示す。見たくないから見ない。気がついても言わない。言っても聞かない。そして破局を迎える。」
<イノセンスから、バトーの発言の一部>

見たくないものは見ない。
気が付いても言わない。
言っても聞かない。

聞きたくないもの、認識したくないものの筆頭はリスクです。
リスクには自分の性格や思考の偏向も含みます。
行っては行けない方角だと教えても、行事や相手の都合で行ってしまう。
その挙句に、当然引き受けるべきものを引き受けて絶叫してのたうちまわる。

私は呪術師でもマジシャンでもない。
それはあなたの選択の結果だ。
どうしようもない事実なのだ。

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
タグ:イノセンス
posted by maywind at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年05月13日

フォリア

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
私はなぜかフォリアが好きだ。

最初は、マランマレと言う人の「スペインのフォリアによるクープレ」と言う曲で気に入ったのだが、
実は色々な人が「フォリア」をテーマに作曲をしている。

例えば、Vivaldiも曲にしている
最初聞いたときは、マランマレのものかと思ったが、ちょっとイタリアンテイストなのだ。

皆さまはこれという好きな曲は何だろうか。
心落ち着けて聴く時間も必要だと思うのです。

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
posted by maywind at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年03月19日

今日的気分

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
今日的気分。まぁ、「イノセンス」からのインスピレーションなんだけれども。

もしも思慮深く聡明でまじめな生活をしている人を伴侶として共に歩むことができるならば、あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念いをおちつけて、ともに歩め。
しかし、もしも思慮深く聡明でまじめな生活をしている人を伴侶として共に歩むことができないならば、国を捨てた国王のように、また林の中の象のように、ひとり歩め。
愚かな者を道伴れとするな。独りで行くほうがよい。孤独(ヒトリ)で歩め。悪いことをするな。求めるところは少なくあれ。──林の中にいる象のように。

出典:「法句経」

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
posted by maywind at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感