2019年02月25日

神様に祝福されている人?嫌われている人?

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
運の良い人というのが世の中には居ます。
この人は、神様に常に祝福されているのではないか。
そんな感じの人です。
もちろん試練もあるようですが、そうとは感じさせない程度でくぐり抜けていきます。

そんな人を観察していると、面白いことに凶方向は必ず避けて動いています。
何も考えないと普通は凶方向に人は引きずられます。
私自身もそうなので、注意しています。

ところが、世の中にはそんなこと何も知らないのに、凶方向を避けている人がいます。
世の中面白いものだと思います。

そんな人でない私を含む凡人はどうすれば良いのか?
それは自分で勉強するか、リスクコンサルタントと契約する方が良いでしょう。

ちなみに私は精霊は居ると思っていますが、所謂「絶対神」の存在はないと思っています。
精霊の一部を八百万の神々と呼ぶのは、やぶさかではありませんが。

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
posted by maywind at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年02月22日

引越しは人生の一大事かも知れないのです。

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
引越しシーズンに入るそうです。
引越しのハイシーズンになると、引越しも高額になるようです。
私は一月に引越ししましたが、4年前と比べて高額になっていました。

ハイシーズンだとその更に倍でも効かない場合があるそうです。
あっと言う間に環境は変化します。

所で、引越しをする場合には注意点がいくつかあります。
そこを外すと、結構痛い目を見るかもしれません。
少なくとも、私は結構痛い目に遭ってきました。

引越しシーズンを迎えるにあたり引越しには注意点があり、
そこを外すと思わぬ痛い目に合うという事だけは、自分の経験から言えます。

注意点は人にもよりますので、個別にご相談ください。

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
タグ:引越し
posted by maywind at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年02月07日

「時宜を得ているか」それが問題なのだ。

Hiroyoshi-Satoh2.jpg
「時宜を得ているか」
環境や実力、周囲の協力など全てが整っている事を、「時宜を得ている」という。

易経の中でよく出てくる話だ。
よくよく考えてみれば、「時宜」の中心は「自分が準備できているか」と考えることが出来る。

自分自身が準備が整っているのか。
自問自答するべきかもしれない。

ある突発事象に巻き込まれて、二日ほどほとんど眠れていない。
こう言う時にクリティカルな相談をされても困るのだが、
こう言う時に限って、あとあと尾をひくような事案が持ち込まれる。

「時宜にかなっていない」のである。
こう言う時も、まず自分を整えるのが最初になる。
全ては自分次第なのだ。

リスクマネジメントを研究するWINDLAB
posted by maywind at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感